運営者: 多田 翼 (LinkedIn, Facebook)

経営戦略

実戦 商品開発マーケティング戦略 (佐藤義典) 。お客の使い方と価値を中心に進める 「うれしさ開発」

本書の内容。開発の肝は 「お客の使い方」 。戦略 BASiCS 。一貫性と具体性を両立する。

実践版 孫子の兵法 - 勝者を支える最高峰の戦略書 (鈴木博毅 ) 。孫子の兵法から 「勝つための5つの原則」

特に自分との戦いで、孫子の兵法から勝つために必要なこと。勝つための5つの原則。「新しく始めること」 を成功させるために。

企業参謀 - 戦略的思考とはなにか (大前研一) 。マーケティングを 「製品・市場戦略」 と捉えると、マーケティングの本質が見えてくる

マーケティングの戦略と実行をどのように進めるか。誤解の多い 「マーケティング」 という言葉。製品・市場戦略の7つのステップ、思ったこと。マーケティングの本質。

経営参謀 - 戦略プロフェッショナルの教科書 (稲田将人) 。企業を改革するとはどういうことかを学べる本

本書の内容。興味深かったこと (5つ) 。① マーケティングとマーケティングリサーチの役割、② 科学や理論の前提、③ 戦略・実行・PDCA 、④ 組織のあり方、⑤ 強い企業は常に変化する。

ゼロ・トゥ・ワン - 君はゼロから何を生み出せるか (ピーター・ティール) 。「あなたの真実」 は人を惹きつけるか

本書の内容。ピーター・ティールが最も重視する質問。「あなたの真実」 は人を惹きつけるか。

戦略参謀 (稲田将人) 。戦略参謀とは経営トップの頭脳である

本書の内容。興味深いと思ったこと (5つ) 。① 戦略参謀の役割、② ものごとには必ず前提がある、③ 実行と PDCA 、④ 人は性善だが、性 "怠惰" である、⑤ 企業の不振は 「市場との乖離」 から。

小売再生 - リアル店舗はメディアになる (ダグ・スティーブンス) 。リアル体験をめぐる異業種格闘技へ

本書の内容。リアル店舗のメディア化。小売が自ら未来をつくるために。リアル体験をめぐる異業種格闘技。

企業参謀 - 戦略的思考とは何か (大前研一) 。戦略家が気をつけるべき5つのこと (参謀五戒)

大前研一氏の著書 「企業参謀」 から、ビジネスでの戦略について。戦略家が気をつけるべき5つのこと (参謀五戒) 。参謀五戒で思ったこと。

孫正義 300年王国への野望 (杉本貴司) 。300年続くためのビジョン・志・多様性、死を覚悟した人間の強さ

本書の内容。読んで考えさせられたこと4つ。① ビジョンと志、② 300年続く企業になるための多様性、③ 迷った時ほど遠くを見よ、④ 死と向き合った人間の覚悟。

ビジネスモデルの教科書 [上級編] - 競争優位の仕組みを見抜く & 構築する (今枝昌宏) 。強みの深掘り、筋の良いビジネスモデルの見極め方

三段階のビジネスモデル分析法。強みを深掘りする (提供価値と源泉に分けて考える) 。筋の良いビジネスモデルの見極め方。

ピーター・ティール - 世界を手にした 「反逆の起業家」 の野望 (トーマス・ラッポルト) 。競争をしない唯一無二を目指すための逆張り思考

ピーター・ティールと本書の概要。興味深いと思ったピーター・ティールの考え方 (競争をしない唯一無二を目指す、逆張り思考) 、スタートアップが失敗する5つの要因。

SHOE DOG (シュードッグ) - 靴にすべてを。 (フィル・ナイト / 大田黒奉之) 。ランニング x シューズ x 世の中への貢献

本書の内容。おもしろく読めた3つの視点。フィル・ナイトにとっての人生の意味は、ランニング x シューズ x 世の中への貢献。

アマゾンが描く2022年の世界 - すべての業界を震撼させる 「ベゾスの大戦略」 (田中道昭) 。変わらないミッションとビジネスモデル、進化し続ける事業領域

本書の内容。アマゾンのミッション、創業時から変わらないビジネスモデル。ジェフ・ベゾスの 「宇宙プラットフォーム構築」 。

ネット・プロモーター経営 - 顧客ロイヤルティ指標 NPS で 「利益ある成長」 を実現する (フレッド・ライクヘルド / ロブ・マーキー) 。シンプルで使いやすい指標

本書の内容。ネットプロモータースコア (NPS) とは。NPS の S を 「システム」 と位置づける。フィードバックの扱い方、顧客の分類。

売上につながる 「顧客ロイヤルティ戦略」 入門 (遠藤直紀 / 武井由紀子) 。アットコスメストアに見る、顧客ロイヤリティを実現するための美しい戦略的 KPI

背景 (なぜリアル店舗を始めたのか) 、徹底した顧客志向、店舗での顧客体験。短期的な売上よりも顧客ロイヤリティ向上を目指す。戦略的な KPI 設定。「目的」 と 「手段」 の一貫性。

なぜアマゾンは 「今日中」 にモノが届くのか (林部健二) 。「中の人」 によるアマゾンの強さの理由がわかる本

本書の内容と特徴、本書からの学び。アマゾンの企業理念、顧客への提供価値、アマゾンが長期視点で投資しているもの。創業当時と変わらないビジネスモデル、アマゾンが徹底的にロジカルにやっていること。

成功企業に潜む ビジネスモデルのルール - 見えないところに競争力の秘密がある (山田英夫) 。見えないところでつくる 「提供価値の源泉」 と 「儲けるための仕組み」

本書の内容。「見えないところ」 に儲けの仕組みがある。見えないところでつくる 「提供価値の源泉」 と 「儲けるための仕組み」 。

確率思考の戦略論 - USJ でも実証された数学マーケティングの力 (森岡毅 / 今西聖貴) 。マーケティングの本質は顧客視点での 「選ばれる理由」 をいかにつくるか

マーケティングで大切なのは、自社商品やサービス、ブランドをどう選んでもらうか。選ばれる理由。強みとは何か。強みを定量評価する M 。

世界のエリートはなぜ 「美意識」 を鍛えるのか? - 経営における 「アート」 と 「サイエンス」 (山口周) 。「美意識」 という切り口からの鋭い洞察

本書の内容。美意識とは何か。なぜ美意識を鍛えるのか。論理と美意識のバランス。どうやって美意識を鍛えるか。読んで思ったこと。

キャズム Ver.2 - 新商品をブレイクさせる 「超」 マーケティング理論 (ジェフリー・ムーア) 。成長の鍵を握るアーリーマジョリティの攻略法

1分でわかるキャズム理論。最も溝が深いアーリーアダプターとアーリーマジョリティの違い。キャズムを超えるために、成長の鍵を握るアーリーマジョリティの攻略法。

悩みどころと逃げどころ (ちきりん / 梅原大吾) 。アフリカのことわざ 「遠くに行くためには皆で進め」 から、組織の多様性への示唆

アフリカのことわざからの示唆は、組織形態や組織のフェーズによって、望ましい多様性が変わること。逆に言えば、組織の多様性への唯一の答えはない。

日本電産流 V 字回復経営の教科書 (川勝宣昭) 。経営と営業強化で企業を強い組織にする

驚きのプロローグ内容。本書の内容。体系化されたノウハウ。経営変革を実現するフレーム。

大本営参謀の情報戦記 - 情報なき国家の悲劇 (堀栄三) 。既存の競争ルールを無力化することの重要性

競争ルールの発見と無効化。競争戦略の視点で深掘りする。書籍 「大本営参謀の情報戦記」 のおもしろさ。

カップヌードルをぶっつぶせ! - 創業者を激怒させた二代目社長のマーケティング流儀 (安藤宏基) 。カップヌードル流 「余韻を残してリピート購入につなげよ」 の極意

ロングセラーの秘訣 (2つ) 。① 余韻を残す、② 自社ブランドへの不満を持つ。意図的に不完全さを保つ。不完全さをあえて保つことからの示唆。

USJ を劇的に変えた、たった1つの考え方 - 成功を引き寄せるマーケティング (森岡毅) 。目から鱗の戦略論

戦略とは 「資源配分の選択」 である。「目的 - 戦略 - 戦術」 の関係。戦略とマーケティング。

失敗の本質 - 日本軍の組織論的研究。日本軍の失敗の本質が、現代のビジネスに問いかけるもの

本軍と米軍の違いから、ビジネスへの示唆に富む失敗の本質を掘り下げる。失敗の本質 1: ガラパゴス化。失敗の本質 2: イノベーション (自己変革) ができなかった。

問題解決ドリル - 世界一シンプルな思考トレーニング (坂田直樹) 。常識外れの楽天イーグルスの観客動員戦略は、顧客視点では理にかなっていた

ユニークな競合設定。顧客視点での競合設定と差別化。楽天イーグルスの戦略からの学び。

大本営参謀の情報戦記 - 情報なき国家の悲劇 (堀栄三) 。本質を捉え、兆候から何を意味するかを判断せよ

著者・堀栄三の情報参謀としての考え方や振る舞いから、現在のビジネスへ2つの教訓。① 表面や形などの枝葉にとらわれないで奥にある本質を見よ、② 出来事の兆し・兆候・相手の仕草を逃さず総合的に見て何を意味するのかを判断せよ。

ゼロからの経営戦略 (沼上幹) 。KOMTRAX (コムトラックス) を知らずして IoT の成功事例は語れない

IoT やビッグデータの活用という点で示唆に富み、コムトラックスの何がすごいかをご紹介。コムトラックスとは何か。もたらされる効果。コムトラックスから学べること (IoT やビッグデータの観点で) 。

1年で駅弁売上を5000万アップさせたパート主婦が明かす奇跡のサービス (三浦由紀江) 。幕の内弁当ではダメ、100人のうち5人が本当に満足する駅弁を

興味深かった駅弁の開発話から、戦略とは何かを考え。100人のうち5人に本当に喜ばれる駅弁を。戦略とは何を捨てるか。絞るからこそやることが明確になる。