運営者: 多田 翼 (LinkedIn, Facebook)

マーケティング

プラットフォーム ブランディング (川上慎市郎 / 山口義宏) 。顧客体験をベースにしたブランドのつくり方

本書の内容。ブランドとは何か。顧客体験をベースにしたブランドのつくり方。思ったこと。

ネット・プロモーター経営 - 顧客ロイヤルティ指標 NPS で 「利益ある成長」 を実現する (フレッド・ライクヘルド / ロブ・マーキー) 。シンプルで使いやすい指標

本書の内容。ネットプロモータースコア (NPS) とは。NPS の S を 「システム」 と位置づける。フィードバックの扱い方、顧客の分類。

売上につながる 「顧客ロイヤルティ戦略」 入門 (遠藤直紀 / 武井由紀子) 。ある夫婦のすれ違いから考える 「本当の顧客視点」

本当の顧客視点とは、顧客から見て自分たち (企業・店や商品) がどう見えるかを想像すること。

「欲しい」 の本質 - 人を動かす隠れた心理 「インサイト」 の見つけ方 (大松孝弘 / 波田浩之) 。インサイトの why, what, how がわかりすく書かれた本

本書の内容。なぜインサイトが必要なのか。インサイトとは 「人を動かす隠れた心理」 。どうやってインサイトを見い出すか。どう活かすか。読んで思ったこと。

売上につながる 「顧客ロイヤルティ戦略」 入門 (遠藤直紀 / 武井由紀子) 。アットコスメストアに見る、顧客ロイヤリティを実現するための美しい戦略的 KPI

背景 (なぜリアル店舗を始めたのか) 、徹底した顧客志向、店舗での顧客体験。短期的な売上よりも顧客ロイヤリティ向上を目指す。戦略的な KPI 設定。「目的」 と 「手段」 の一貫性。

インターネット的 (糸井重里) 。糸井重里さんの 「寝返り理論」 と、消費者インサイトとの共通点

寝返り理論とは。「寝返り理論」 と 「消費者インサイト」 。消費者インサイトとは。インサイトを基点に考える。

買い物客はそのキーワードで手を伸ばす (上田隆穂 / 兼子良久 / 星野浩美 / 守口剛) 。潜在意識から消費者インサイトを見い出すための質問方法と具体例

インサイトとは何か。潜在意識を知るための質問例。第三者の立場で答えてもらい、潜在意識を探り出す。

インサイト (桶谷功) 。消費者に行動を起こさせる 「心のホットボタン」

本書の内容。インサイトとは何か。インサイトを見い出すための考え方と方法。インサイトとは、消費者に行動を起こさせる 「心のホットボタン」 。

確率思考の戦略論 - USJ でも実証された数学マーケティングの力 (森岡毅 / 今西聖貴) 。マーケティングの本質は顧客視点での 「選ばれる理由」 をいかにつくるか

マーケティングで大切なのは、自社商品やサービス、ブランドをどう選んでもらうか。選ばれる理由。強みとは何か。強みを定量評価する M 。

キャズム Ver.2 - 新商品をブレイクさせる 「超」 マーケティング理論 (ジェフリー・ムーア) 。成長の鍵を握るアーリーマジョリティの攻略法

1分でわかるキャズム理論。最も溝が深いアーリーアダプターとアーリーマジョリティの違い。キャズムを超えるために、成長の鍵を握るアーリーマジョリティの攻略法。

確率思考の戦略論 - USJ でも実証された数学マーケティングの力 (森岡毅 / 今西聖貴) 。マーケティングリサーチャーの使命と大切にしたい姿勢

市場調査の役割。調査によって提供されるもの。知的生産物の品質をどう高めるか。不都合な真実への向き合い方。

大本営参謀の情報戦記 - 情報なき国家の悲劇 (堀栄三) 。既存の競争ルールを無力化することの重要性

競争ルールの発見と無効化。競争戦略の視点で深掘りする。書籍 「大本営参謀の情報戦記」 のおもしろさ。

カップヌードルをぶっつぶせ! - 創業者を激怒させた二代目社長のマーケティング流儀 (安藤宏基) 。カップヌードル流 「余韻を残してリピート購入につなげよ」 の極意

ロングセラーの秘訣 (2つ) 。① 余韻を残す、② 自社ブランドへの不満を持つ。意図的に不完全さを保つ。不完全さをあえて保つことからの示唆。

プロの資料作成力 - 意思決定者を動かすテクニックとおもてなしの心 (清水久三子) 。資料作成に 「おもてなしの心」 を

著者の問題意識、本書の特徴。資料作成の5つのプロセス。重要なのは 「ターゲット」 。資料作成に 「おもてなしの心」 を。

魔法のラーメン発明物語 - 私の履歴書 (安藤百福) 。イノベーションの視点で見るチキンラーメンとカップヌードルの発明

本書の内容。インスタントラーメンとカップヌードルの開発。イノベーションは未来の当たり前をつくること。世界が安藤百福に送った賛辞。

Harvard Business Review 2008年11月号 「マーケティング論の原点」 。セオドア・レビットが語ったデータ分析とマーケティングへの示唆

セオドア・レビットの言葉から、データ分析やマーケティングへの示唆。データと情報、情報の先。知識と思考。

USJ を劇的に変えた、たった1つの考え方 - 成功を引き寄せるマーケティング (森岡毅) 。目から鱗の戦略論

戦略とは 「資源配分の選択」 である。「目的 - 戦略 - 戦術」 の関係。戦略とマーケティング。

問題解決ドリル - 世界一シンプルな思考トレーニング (坂田直樹) 。常識外れの楽天イーグルスの観客動員戦略は、顧客視点では理にかなっていた

ユニークな競合設定。顧客視点での競合設定と差別化。楽天イーグルスの戦略からの学び。

革新的な会社の質問力 (河田真誠) 。良い質問は相手のためになる

本書の内容。良い質問は相手のためになる。興味深かった質問 (3つ) 。良い質問で影響力を発揮する。

大本営参謀の情報戦記 - 情報なき国家の悲劇 (堀栄三) 。本質を捉え、兆候から何を意味するかを判断せよ

著者・堀栄三の情報参謀としての考え方や振る舞いから、現在のビジネスへ2つの教訓。① 表面や形などの枝葉にとらわれないで奥にある本質を見よ、② 出来事の兆し・兆候・相手の仕草を逃さず総合的に見て何を意味するのかを判断せよ。

マーケティングリサーチの論理と技法 (第4版) (上田拓治) 。マーケティングリサーチャーとマーケターのスタンスの違い

本書の概要。「マーケティングリサーチャー」 と 「マーケター」 のスタンスの違い。リサーチとマーケティングの一貫性。マーケターの視点を持つリサーチャーに。

1年で駅弁売上を5000万アップさせたパート主婦が明かす奇跡のサービス (三浦由紀江) 。幕の内弁当ではダメ、100人のうち5人が本当に満足する駅弁を

興味深かった駅弁の開発話から、戦略とは何かを考え。100人のうち5人に本当に喜ばれる駅弁を。戦略とは何を捨てるか。絞るからこそやることが明確になる。

届く CM 、届かない CM - 視聴率 = GRP に頼るな、注目量 = GAP をねらえ (横山隆治 / 大橋聡史 / 川越智勇)

本書の内容。新しいテレビ視聴データを積極的に使用。データに基づく説得力のある検証結果と考察、マーケティングコミュニケーションへの俯瞰的な提言。データを味方にできるクリエイター。

1年で駅弁売上を5000万アップさせたパート主婦が明かす奇跡のサービス (三浦由紀江) 。現場を知っているからこそ、価値のある提案やアウトプットが出せる

経験に基づくセールストーク。データ分析に見る 「現場の大切さ」 。

「本質直観」 のすすめ。- 普通の人が、平凡な環境で、人と違う結果を出す (水越康介) 。自分自身を深掘りし直観を鍛える方法

本書の内容。本質直観とは。本質直観とマーケティングリサーチ。

運用型広告 - プロの思考回路。運用型広告プロフェッショナルに求められる5つのスキル

① プラットフォーム各社の動きや考え方を読み取るスキル、② クロスチャネルでカスタマージャーニーをモデリングするスキル、③ 膨大なデータから本当に必要なインサイトを見極めるスキル、④ 手動と自動のバランスを取るスキル、⑤ 新しいことにチャレンジする…

どう伝わったら、買いたくなるか (藤田康人) 。心の琴線に触れ、自分ごと化されるメッセージをつくる

本書の内容。4つのプレイヤー視点でメッセージを考える。伝わるメッセージとは。

欲しい ほしい ホシイ - ヒトの本能から広告を読み解くと (小霜和也) 。「ヒト」 の本能に立ち戻って読み解き、「人」 を動かす広告は何かを考える

本書の内容。ヒトの本能から広告を読み解く。ターゲットのインサイトは変わり続ける。

ここらで広告コピーの本当の話をします。(小霜和也) 。魅力的な広告コピーを書くための考え方

本書の内容。魅力的な広告コピーをつくるために。ブランドとは 「気持ちのいい記憶」 。

広告コピーってこう書くんだ!読本 (谷山雅計) 。良いコピーを書くための 「発想体質」 になる方法

論理が 70% 、センスは 30% 。良いコピーを書くための 「論理」 。発想体質になるための考え方 (6つ) 。