運営者: 多田 翼 (LinkedIn, Facebook)

ビジネスキャリア

どこでも誰とでも働ける - 12の会社で学んだ "これから" の仕事と転職のルール (尾原和啓) 。具体的な How が詰まった本

プロフェッショナルな人になるために。本書の紹介、本書を一言で言うと。プロフェッショナルな人とは。行動のハードルを下げてくれる本。失敗を前向きに捉えよう。

WORK SHIFT (ワーク・シフト) - 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図 [2025] (リンダ・グラットン) 。孤独と貧困から自由になる主体的な生き方

本書の内容、未来を変える5つの要因。2025年のシナリオ:暗い未来と明るい未来。未来を変える3つのシフト。明るい未来のためには「主体的に生きること」。

ニューエリート - グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変える人たち (ピョートル・フェリークス・グジバチ) 。持続的に成長し続けるために、すぐにできること

本書の内容。ニューエリートとは、「持続的に成長し続ける人」 。持続的に成長し続けるために。自己啓発ではなく自己実現の本。

SHOE DOG (シュードッグ) - 靴にすべてを。 (フィル・ナイト / 大田黒奉之) 。ランニング x シューズ x 世の中への貢献

本書の内容。おもしろく読めた3つの視点。フィル・ナイトにとっての人生の意味は、ランニング x シューズ x 世の中への貢献。

多動力 (堀江貴文) 。行動し、次から次に自分の好きなことにハマり、価値を出す

本書の内容。多動力とは、いくつもの異なることを同時にこなす力。なぜ多動力が重要なのか。多動力を身に付けるために。

「自分」 を仕事にする生き方 (はあちゅう) 。仕事とは、自分のビジョンを実現するため、自分の幸せのためのもの

本書の内容。仕事の2つの意味合い。「自分を仕事にする生き方」 とは。好きなことをやる時間を増やし、一瞬のワクワクを逃さずに行動する。

最強のデータ分析組織 - なぜ大阪ガスは成功したのか (河本薫) 。データ分析に必要なこと (分析者として求められる姿勢・考え方・行動)

本書の内容、おもしろく読めた3つの視点。データ分析者に必要な5つのこと。リーダーに求められる3つの力。

ポスト平成のキャリア戦略 (塩野誠 / 佐々木紀彦) 。ポスト平成でキャリアを磨くための 「ハングリー & ノーブル (高潔な気概) 」

本書の内容。ポスト平成のキャリア戦略、昭和モデル vs 平成モデル vs ポスト平成モデル、ポスト平成では 「個の能力」 が問われる、本書のキーワードは 「ハングリー & ノーブル」 、20代・30代・40代で必要な経験。読んで思ったこと (2つ) 。

0秒リーダーシップ (ピョートル・フェリークス・グジバチ) 。リーダーシップは自ら先頭に立ち変化をつくること

本書の内容。リーダーシップとは (リーダーシップは 「心構え」 、自ら変化をつくること、0秒リーダーシップ) 。リーダーシップの3つの基本、感情との付き合い方。

モチベーション革命 - 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (尾原和啓) 。自分の why と生きがいを見つけよう

モチベーションの違い。自分の why 、生きがい。意味のイノベーション。

世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか - グーグルの個人・チームで成果を上げる方法 (ピョートル・フェリークス・グジバチ) 。主体的に自分の今の仕事をなくす

仕事の生産性をいかに上げるか。アウトプットを高めるために。自分の仕事をなくす。

LIFE SHIFT (ライフシフト) - 100年時代の人生戦略。変化が起こってからではなく起こる前に行動する

本書の内容。多様化する寿命100年時代の人生。人生を充実させる無形資産。変化が起こってからではなく起こる前に行動する。

働かないアリに意義がある (長谷川英祐) 。働かないアリからの人間社会と個人への示唆

なぜ働かないアリがいるのか? 働くアリと働かないアリの違い。働かないアリから、人間社会と個人への示唆。

日本人には教えなかった外国人トップの 「すごい仕事術」 (フランソワ・デュポワ) 。キャリアの本来の意味は 「人生そのもの」

キャリアの本来の意味は 「人生そのもの」 。点と点がつながる。どうキャリアをつくっていけばよいか。

ソース - あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。(マイク・マクマナス) 。自分の 「矢印の根本」 を深く掘りする

本書の特徴。自分の中のワクワクを追求する。ワクワクから世の中に貢献する。私のワクワク。

ロスジェネの逆襲 (池井戸潤) 。半沢直樹の信念は 「仕事は客のため、世の中のためにする」

半沢直樹の信念。正しくないことに立ち向かう半沢直樹。何のために仕事をするか。

僕は自分が見たことしか信じない (内田篤人) 。人間としての信頼、仕事からの信頼

今回は、仕事においてまわりから信頼をどう築くかを考えます。 サッカーの内田選手の著書 僕は自分が見たことしか信じない に書かれていたことを元に書いています。 僕は自分が見たことしか信じない 作者: 内田篤人 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2013/06…

稼ぐ力 - 「仕事がなくなる」 時代の新しい働き方 (大前研一) 。優秀なリーダーは 「スピードラーニング」 の達人

稼ぐ力 - 「仕事がなくなる」 時代の新しい働き方 という本から、仕事における学びについて書いています。 稼ぐ力 - 「仕事がなくなる」 時代の新しい働き方 作者: 大前研一 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2013/09/05 メディア: 単行本 この商品を含むブログ …

「10年先の自分」 をつくる (工藤公康) 。10年先のために今何をやるか

著者と本書の概要。10年先のために今何をやるか。「今」 を積み重ねて未来をつくる。

世界の経営学者はいま何を考えているのか (入山章栄) 。興味深かったテーマ 「両利きの経営」 が示唆深い

今回は、世界の経営学者はいま何を考えているのか - 知られざるビジネスの知のフロンティア という本についてです。 世界の経営学者はいま何を考えているのか ― 知られざるビジネスの知のフロンティア 作者: 入山章栄 出版社/メーカー: 英治出版 発売日: 201…

採用基準 (伊賀泰代) 。マッキンゼーの採用基準から考えるリーダーシップの身に付け方

本書の内容。リーダシップの重要性と身に付け方。リーダーシップで変わること。